亜鉛が足りないと頭が悪くなってメンタルにも影響する!

2013年に出た「亜鉛とうつ病の関係を調べた論文」 によると、亜鉛が不足するとうつ病にかかりやすくなるそうです。

これは、亜鉛がメンタルに与える影響を調べた臨床実験で、亜鉛はうつ病で脳の細胞が死ぬのを食い止める働きがあり、ストレスによるダメージをおさえてくれるそうです。

統合失調をわずらった人は脳内の亜鉛量が5割も少なくなっていたということです。亜鉛はメンタルに大きい影響を及ぼすということですね。

亜鉛にはBDNFという成分を分泌する働きがあって、これが脳のシナプスやら神経回路の発達スピードをあげてくれます。

BDNFは脳の働きにとても重要で、これが少ないと鬱病やパニック障害の引き金になってしまいます。

「脳を鍛えるには運動しかない!」の中では、軽度の運動をくり返すことでBDNFを増やせると書いてありますが、亜鉛でも分泌量をアップできるということですね。

心理学でいうタイプAの性格(ストレスを感じやすい)の人は亜鉛が足りなくなりやすいので注意が必要です。自分のタイプがわからない人は「タイプA行動パターンチェック」など参考にしてみてください。

研究によれば、ストレスが多い時期は1日に25〜40mgの亜鉛を摂るのが望ましいとのことです。

ストレスに弱い人間は、積極的に亜鉛サプリを飲んだほうが良いようです。

ミトコンドリアのせいでメンタルが弱る!

ミトコンドリアが弱ると精神が病んでしまう」という論文(ソース)が出ています。

これはマクマスター大学のレビューで、過去に行われた研究をまとめて、「そううつ病や統合失調症はミトコンドリアの異常が大きな原因である」という話を展開しています。

ミトコンドリアは細胞のなかにある小さな器官で、人体が活動するのに必要なエネルギーを作ってくれるほか、神経の伝達にも超大事な働きをしています。

とにかく、ミトコンドリアは発電機みたいなものなので、ミトコンドリアが弱ると人体も弱っていくわけです。

ミトコンドリアが弱ったせいで精神が病んでいくのでは?という説が多く研究から出ています。

その仕組みははっきりわかってないのですが、ミトコンドリアが働かないと神経も死んでいくという証拠が色々あり、そのせいで脳の機能が衰えていくんじゃないのか、と考えられています(ソース)。

研究者によれば、

” そううつ病や統合失調症は複雑な病気であり、ひとつの原因によって起きるものではない。さまざまな小さい異変が大量に起こり、それが特別の原因(ミトコンドリアの異常)に集中したせいで、機能不全が生まれるのだろう。”

 ということです。

もちろん精神を病む原因はいろいろあるけれど、それらが結果としてミトコンドリアの不調につながってる可能性が高いわけです。

実際、そううつ病の患者は、ミトコンドリアの不調のせいで、脳の神経ネットワークがうまくつながっていないという証拠もあったりします。

鬱病の脳では炎症が起きているという研究結果もあるので(ソース)、ミトコンドリアの不調も、そのへんとつながってるのかもしれません。

そう考えると、エクササイズがメンタルに効くのもかなり納得です。(ソース

運動がミトコンドリアを鍛えてくれるおかげで、脳の神経伝達がうまくいく感じです。

とりあえず健やかなメンタルを保つためには、やっぱミトコンドリアの鍛錬は欠かせません

ミトコンドリアを増やそう!

そのためには運動がベストです。他にも以下のような方法があるので合わせて読んでみてください。

体に活を入れて細胞レベルで若返らせるホルミーシス

水を飲んでメンタルが改善する!

先日水で集中力と記憶力が増すという記事を書いたのですが、今回はメンタルの話です。

2014年に「1日に2.5リットルの水分補給で気分が良くなる!」という論文が出ていて興味深いです(ソース)。

水分不足でメンタルが悪化

これはフランスで行われた実験で、水分補給がメンタルに与える影響を調べています。昔から「水分不足はメンタルを悪化させる」ってデータは存在していて、

集中力の減少(ソース)

疲労感の増加(ソース)

認知機能の低下(ソース)

といった現象が報告されています。

そこで、具体的に「どれだけの水を飲めばメンタルは改善するのか?」という疑問について調べたのがこの研究です。
まずは52人の参加者を2つのグループにわけました。

  1. 多いグループ:普段から水を飲む量が多いグループ。具体的な量は1日2〜4リットル。
  2. 少ないグループ:普段から水を飲む量が少ないグループ。具体的な量は1日1.2リットル以下。

そのうえで、

多いグループは、1日の水分補給を1リットルまでに減らす

少ないグループは、1日の水分補給を2.5リットルまで増やす

という指示をあたえ、6週間の変化を見ました。

1日2.5リットルの水分補給

その結果は、

  • 普段からたくさん水を飲む人が水分補給を減らすと、平常心、幸福感、活力が下がり、全体的にネガティブな感情が増えた。
  • 普段からあまり水を飲まない人が水分補給を増やすと、眠気や疲労感が減り、集中力が上がった。
  • どちらのグループも、1日に2.5リットルの水分補給でもっとも気分が良くなった。

という感じになっています。

普段の水分量によって効果の差はあるものの、全体的には1日2.5リットルがベストのようです。

この研究には限界もあって、

実験期間中はエクササイズが禁じられている(疲労感が減ったのは運動してないからかも)

水だけでしか実験していない(カフェインの効果はよくわからない)

実験環境が参加者の気分に与えた影響を

水を飲むと注意力と記憶力が増す!

除外できない

などの問題はありますが、

とはいえ、水分不足でメンタルが悪化するのは間違いないので、

普段から水を飲む量が少ない人は、さらに水を飲むと気分が良くなる!

普段から水を飲む量が多い人は、水分を減らすとメンタル悪化しやすい!

とは言えそうです。

とりあえず1日2.5リットルの水分を目指して飲むのがよさそうです。

自然が多い場所で暮らすと、病死が減少する!

自然の中を歩くと幸福になる(ソース)とか自然の写真を見るだけでもストレスが減る(ソース)というデータもありますが、あります2016年に「自然のなかで暮らすと長生きに!がんの死亡率も下がる!」という論文(ソース)が出ていて、興味深いです。

これはハーバードのブリガム病院による研究で、2000年から2008年のあいだに10万8630人の女性を調べた健康データを使ったものです。

全員の住居を「周囲に自然が多いかどうか」で分類して、病気の発症率とくらべました。

その結果、自然が多いエリアに住んでいる人たちは、都市部に住んでいる人にくらべて、

  • 呼吸器系の病気で死ぬ確率が34%減少!
  • がんで死ぬ確率が13%減少!

といった差が出ました。がんの死亡率まで下がるとは、自然の中で暮らす重要さが分かりますね。

研究者によれば、

” 自然と触れ合える環境と死亡率の低下には明確な相関がある。ここまではっきりした関連性が出てくるとは思わなかった。”

ということで、予想を超える効果だったみたいです。

こういった現象が起きる理由としては、

  • 都会よりもコミュニティの関係性が良いことが多い
  • 周囲に自然が多いと日常の活動量も多くなる
  • 大気汚染のレベルが低い

といった原因があるわけですが、なによりも影響が大きいのがメンタルヘルスの改善効果です。

” さらに驚いたのは、自然の多い環境で健康が改善する理由は、メンタルヘルスの改善によるところが非常に大きかったことだ。”

今回の研究結果によれば、自然がもたらすメリットの30%はメンタルの改善が原因だったそうです。

メンタルが改善され自然と病気になる確率も減ったということですね。

自然の効果ってすごいです。