好きな仕事であってもなくても最終的には幸福度は違わない。

好きな仕事をしても幸福にはなれない

よく自己啓発本では「好きを仕事に」など書かれてますが、好きな仕事をしても幸福になるとは限らないようです。

おそらく「幸福を追いかけると逆に不幸になる」って研究(ソース)と同じ心理が働くので、「好きなことで食べていく」と意気込むほど、現実の仕事とのギャップに苦しむからかもしれません。

実際、過去には「夢や情熱を追っても『天職』は見つからない」(カル・ニューポートによると天職は偶然の産物)や「情熱は後からついてくるから、とりあえず働け!」という研究(ソース)もあります。

学問の世界でも「好きを仕事に?」みたいな状況かと思います。

では、「嫌な仕事は受け入れるしかないの?」って話になりそうですが、それを調査したのがミシガン大学による実験(ソース)です。

272人の参加者に4パターンの聞き取り調査を行った研究で、仕事の考え方が個人の幸福レベルにどう影響するのかを調べました。

仕事の考え方は幸福度にどう影響するの

その調査の結果は、すべての人は以下の2パターンの「仕事観」を持っていることがわかったそうです。

適合派:自分にピッタリの仕事がどこかにあるはずだ」と考えるタイプ。「給料が安くても満足できる仕事をしたい!」と答えがちで、転職率が高い。

成長派:仕事を続けるうちに好きになれるはずだ」と考えるタイプ。「そんなに仕事は楽しくなくてもいいけど給料は欲しい」と答えがちで、転職率は低い。

研究では大半の人が「適合派」で、「成長派」は少数派でした。ぱっと見は適合派のほうが幸せになれそうですが、長い目で見ると、両者の幸福度と成功レベルはほぼ同じぐらいに落ち着いたということです。

つまり、好きを仕事にしようがしまいが、最終的な幸福には大差がないわけです。

研究者は2つタイプのメリットとデメリットを以下のように分析してます。

適合派は自分に合った職を探すのがうまいのですが、実際にはどんな仕事にも好きになれない面があるため、最終的には現実的なラインを探して妥協しなければならないだろう。

いっぽうで成長派は、新たな仕事の困難を耐えぬくことができるため、良い結果を残しやすい。ただし、そのぶん本当にひどい職場なのに我慢しすぎてしまう傾向もある。

まとめると、もしいまの職場が嫌な場合は転職も考えてみてもいいでしょうが、まずは仕事への情熱を増やす方向で考えてみたほうが幸福度がアップすると思います。たとえ自分が好きな仕事についたところで最終的な幸福は変わらないわけですから。

「科学的にやる気を出す方法」(ソース)のよると、毎日「何でもいいから前に進んでる感覚」を積み重ねていくのがモチベーションをあげることになります。

「自分は好きを仕事にしてるのか?」とか悩むのが一番エネルギーの無駄なので、まずは現在の仕事を前進させてみるのが良いようです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *