水を飲んでメンタルが改善する!

先日水で集中力と記憶力が増すという記事を書いたのですが、今回はメンタルの話です。

2014年に「1日に2.5リットルの水分補給で気分が良くなる!」という論文が出ていて興味深いです(ソース)。

水分不足でメンタルが悪化

これはフランスで行われた実験で、水分補給がメンタルに与える影響を調べています。昔から「水分不足はメンタルを悪化させる」ってデータは存在していて、

集中力の減少(ソース)

疲労感の増加(ソース)

認知機能の低下(ソース)

といった現象が報告されています。

そこで、具体的に「どれだけの水を飲めばメンタルは改善するのか?」という疑問について調べたのがこの研究です。
まずは52人の参加者を2つのグループにわけました。

  1. 多いグループ:普段から水を飲む量が多いグループ。具体的な量は1日2〜4リットル。
  2. 少ないグループ:普段から水を飲む量が少ないグループ。具体的な量は1日1.2リットル以下。

そのうえで、

多いグループは、1日の水分補給を1リットルまでに減らす

少ないグループは、1日の水分補給を2.5リットルまで増やす

という指示をあたえ、6週間の変化を見ました。

1日2.5リットルの水分補給

その結果は、

  • 普段からたくさん水を飲む人が水分補給を減らすと、平常心、幸福感、活力が下がり、全体的にネガティブな感情が増えた。
  • 普段からあまり水を飲まない人が水分補給を増やすと、眠気や疲労感が減り、集中力が上がった。
  • どちらのグループも、1日に2.5リットルの水分補給でもっとも気分が良くなった。

という感じになっています。

普段の水分量によって効果の差はあるものの、全体的には1日2.5リットルがベストのようです。

この研究には限界もあって、

実験期間中はエクササイズが禁じられている(疲労感が減ったのは運動してないからかも)

水だけでしか実験していない(カフェインの効果はよくわからない)

実験環境が参加者の気分に与えた影響を

水を飲むと注意力と記憶力が増す!

除外できない

などの問題はありますが、

とはいえ、水分不足でメンタルが悪化するのは間違いないので、

普段から水を飲む量が少ない人は、さらに水を飲むと気分が良くなる!

普段から水を飲む量が多い人は、水分を減らすとメンタル悪化しやすい!

とは言えそうです。

とりあえず1日2.5リットルの水分を目指して飲むのがよさそうです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *