年を取るとお酒に弱くなる5つの理由は?

皆さんも経験していると思いますが、年齢が増えるとともに、飲酒量が減ってきてませんか?あるいは前だったら二日酔いにならなかった量で二日酔いになりやすくなるとか。

私もそうです。二日酔いはほとんどないですが、頭痛の原因になりやすくなっている気がします。

年を取るとお酒に弱くなる5つの理由

アメリカ国立衛生研究所(NIH)によると年を取るとお酒に弱くなる理由は、大きく5つに分けられます。(NIH) (参考ソース

これはほぼすべての人に起きる現象で、だいたい30代の前半から酒に弱くなり始めていくということです。

1.体組成が変わる

年をとると筋肉が減って体脂肪が増えがちになるため、体内の水分量が若いころよりも減ってしまいます。アルコールの代謝には大量の水分が必要なため、当然、酒をうまく処理できなくなります。

2.肝臓が劣化する

ご存じのとおり、酒を処理するのは肝臓の役目ですが、40歳を過ぎたあたりから肝臓が大きくなり、処理機能は衰えていきます。その結果、酒の代謝に必要なアルコール脱水素酵素のレベルが下がり、少し飲んだだけでもアルコールが抜けるまで時間がかかるようになります。

3.薬との相互作用

一般的に、年を取ると色々な薬を飲み始めることが多くなります(頭痛薬とか胃薬とか)。でも薬はアルコールの代謝と同じ酵素を使うことが多いので、服用量が多くなるほど酒を処理する能力は下がっていきます。

4.睡眠パターンの変化

たいていの人は、年をとると入眠までの時間が長くなりがちになります。そのせいでアルコールの代謝時間が短くなり、二日酔いによる頭痛が悪化します。

5.ライフスタイルの変化

多くの統計によると、ほとんどの人は40〜50代あたりから、30代のころより酒量が減っていきます。 酒量が減ったことによりアルコールへの感受性が増し昔よりも少量で酔ってしまうようになります

これがお酒に弱くなったなと感じることでなはいでしょうか。

年を取ってもお酒に強くいたいなら

● 筋トレなどのエクササイズ
● 肝臓の強化!(解毒作用で肝臓の働きをサポートするグルタチオンを増やしたり)
● 薬は極力飲まない!
● 睡眠を改善する。
● 毎日、酒への感受性をキープする為、少量の酒を飲み続ける。

などを試してみるのが良いのではと思います。お酒が好きで健康的にずっと飲み続けていきたいと思う方は是非 (私もそうです)。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *