赤身の肉は心臓に悪いのか?

赤身の肉はどこまで体に悪いのか?

「赤身の肉は体に悪い!」ってよく聞きますよね。

事実、世界がん基金が発表したデータにも、「赤身の肉はがんリスクをあげる可能性が高い」(ソース)という結論になってます。

ちなみに、ここでいう「赤身の肉」ってのは赤身肉のことじゃなくて、牛肉や羊肉をあらわす欧米流の分類法です。

赤身の肉が悪いという評判の中、「肉は悪くなくて、一部の肉が悪いだけである」という実験(ソース)が出ています。

週に500gの肉は体に悪いのか?

これはパデュー大学の実験で、41人の肥満男性を対象にしたもの(BMIは25〜37)です。

実験の内容は、まずはみんなに「地中海式ダイエット」(1960年代にギリシャやイタリアで行われていた食事法)を5週間ほど続けてもらい、その際に全体を2つのグループにわけました。

  1.  週に食べる牛肉&豚肉の量が500g以上(典型的なアメリカ人の消費量で、体に悪いと言われている)
  2.  週に食べる牛肉&豚肉の量が200gまで(アメリカで心臓病リスクを減らすならこれぐらいと言われてる)

という感じで、肉の量を変えたら肥満体型の人にはどんな影響が出るのかを調べたのです。

重要なポイントは、

  • 牛肉と豚肉は未加工な赤身の肉を使用したことです。
  • 3大栄養素のバランスは、タンパク質20%、炭水化物40%、脂肪40%(飽和脂肪酸7%、多価不飽和脂肪酸20%)
  • タンパク質の差は卵と鶏肉で調整
  • カロリーは両グループで同じ
  • アルコールは赤ワインを1日にグラス1杯まで(150ml)
  • 塩分、カリウム、マグネシウム、カルシウムの摂取量は両グループで±15% の範囲に収まるように設定

という感じです。ここまでやれば、「本当に肉を増やすと体に悪いのか?」かが分かるというわけです。

肉を食ったグループの方が心疾患リスクが下がった

どんな結果が出たかと言うと、

  • 肉を500g食べたグループのほうが
    • 200gのグループより総コレステロールが3%改善
    • 悪玉コレステロールが8%改善
    • ApoBが6%改善(動脈硬化のリスク要因)
  • 両グループで変化がなかったものは
    • 善玉コレステロール
    • 中性脂肪
    • CRP(炎症のサイン)
    • インスリン
    • HOMA-IR

という感じです。要するに、牛肉や豚肉は糖質のコントロールには悪影響がなく、それどころか脂質プロファイルにはメリットすらあって、牛肉や豚肉は心疾患のリスクを下げるのではないか?という結果です。

このデータを見る限りは、

「未加工で赤身」って条件さえ満たせば、牛肉や豚肉は体に良い可能性が高い!

ということが確認できたということです。 「赤身の肉が体に悪い」と言われるのは、ソーセージなどの加工肉か脂身が多い肉を対象にしてるケースが多いからかもしれません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *