寝なきゃいけないときになぜスマホを見てしまうのか?

寝なきゃいけないのはわかってるんだけど、ついダラダラとスマホやテレビを見て先延ばししてしまうという悩みは良くある話ですね。

これは世界的な現象らしく、「寝るのを先延ばしにする人と、すぐに眠りにつける人がいるのはなぜか?」という疑問を調べた研究(ソース)があります。

これはドレスデン工科大学の173人の大学生を対象にした実験で、調査内容は、まずは全員に「意志力は限られたリソースだと思いますか?」というポイントをたずねてます。

世の中には「人間の意志力は使えば使うほどすり減っていく」という考え方がありますが、それをどれぐらい信じているか?ということです。

ここで研究チームは、「意志力への態度が夜すぐに眠れるかどうかを左右してるのではないか?」という仮説を立てたわけです。

さらに、研究では被験者に以下のポイントもたずねました。

  • 自分自身は意志力がどれぐらいあると思うか?
  • 自分のことを朝型だと思うか?それとも夜型だと思うか?
  • 理想的な就寝時間は何時ぐらいだと考えているか?

アンケートが終わったら、最後にすべてのの学生に10日間ほど毎日「睡眠日記」を書くように指示しました。

前日の夜に何時寝たか、目覚めたのはいつだったか、睡眠の質はどれくらい高かったか、就寝時間をどれぐらい先延ばしにしたかなどを把握して、すべてのデータをまとめました。

確認されたことは、

  • 「意志力は限りあるリソースだ」と考えている人は、「意志力は無限だ」と考えている人にくらべて、40〜50分ぐらい寝床でダラダラしがち
  • 日中のストレスレベルが高かった時ほど、人は寝床でダラダラしてしまう

だったそうです。意志力への態度とストレスベルの2つが、夜のダラダラを引き起こしてる可能性が高いわけです。

ただ、この研究では、「なんで意志力は有限だと思ったり、ストレスが多いと寝るのを先延ばししたくなるのか?」っていうメカニズムの面は追及してないので、このような現象が起きる理由は不明です。ストレスが多いなら「すぐ寝て忘れる」のような心理になってもおかしくない気がしますから。

というわけで、研究チームが推測したのは、

  • 「意志力は有限だ」と考えている人は、ストレスから回復するにはより多くのリラックスタイムが必要だと感じがちだから、そのため、リラックスのためにテレビやスマホみたいに頭を使わなくてもいい活動に時間を費やしてしまうのでは?

一晩ぐっすり眠ってもリラックスはできるけど、それには8時間待たなきゃいけないから、それなら手近な娯楽ですぐに快楽を得たほうがいいのではと考えてしまうわけですね。

そんなわけで、ついつい寝るのを先延ばしにしがちな方は、

  • とりあえず「意志力は無限のリソースだ」(ソース 意志力の消耗は思い込みはかもしれないという論文実験)という考え方に触れてみる
  • できればストレス日記かなんかをつけて、自分のストレスが睡眠にどのような影響を与えているかを把握する

といったあたりが対策になりそうです。

私も寝る前のスマホやタブレットがやめられなくて、睡眠に悪影響を及ぼしている気がするので、無意識のうちに意志力は限りがあると思っているのかもしれません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *