体脂肪が減るスピードを上げるチートデイ

チートデイはカロリー制限したダイエットを続けている途中に、「好きなものを好きなだけ食べられる日」のことです。

カロリー制限をずっと続けるよりも、定期的に自由に食べられる日を作ったほうが、実は体脂肪は減りやすいという考え方です。

カロリー制限を続けると人間の脳はホルモンを調整し始めて、自動的に痩せにくい体になってしまいます (甲状腺ホルモンが減ることで基礎代謝が下がります)。

ところが定期的なチートデイを行うと、脳が安心するので、体脂肪も安定して減り続けるというわけです。

いまのところチートデイに関する実験は少ないので、

  • 実際どれぐらいの効果があるの?
  • どれぐらいの間隔でやればいいの?

という疑問は残っています。

11日ごとに3日のダイエットオフ日を作る

2014年のイランの研究チームによる実験論文(ソース)によると、60人の女性を対象にチートデイの効果をチェックしました。

この研究者はチートデイを「カロリーシフティング」と呼んでますが、同じことです。

参加者はみんなBMIが25以上の太め体型で年齢は26から45才。全員に以下の方法で6週間のダイエットに挑戦してもらいました。

  • フェイズ1
    • 1日1200kcalの食事を11日間つづける
    • その後、3日間だけカロリーを気にせず食べる
  • フェイズ2
    • 1日1200kcalの食事を11日間つづける
    • その後、3日間だけカロリーを気にせず食べる
  • フェイズ3
    • 1日1500kcalの食事を11日間つづける
    • その後、3日間だけカロリーを気にせず食べる

参加者の維持カロリー(現在の体重をキープするのに必要なカロリー)は平均で2,000kcalなんで、1日に800kcalずつ減らしたわけです。

また、カロリー制限期の栄養バランスは、

  • 炭水化物55%
  • タンパク質25%
  • 脂肪20%
です。

チートデイで体脂肪が減った!

普通のダイエットの常識で考えると、参加者は実験後に3.3キロの体脂肪が減るはずです(チートデイに異常なほど食べない限りは)。体脂肪は1キロあたり7,000kcalですからね。


ところが、実際の結果は、

  • 参加者の体脂肪は平均で8.04キロ減!
  • 実験から42日が過ぎてもリバウンドなし!


 という感じで、素晴らしい結果となっています。


この実験はBMIが25以上の女性を対象にしたものなので、痩せ気味の人だと同じ結果にはならないはずです。

チートデイなしでカロリー制限を続けたグループとの比較データも欲しいところです。


ですが、おそらくだらだらとカロリー制限を続けるよりは、チートデイを作ったほうが効果が高いのは間違いなさそうです。

なによりチートデイを作ったほうが精神的に楽ですから、目標に達成するまでダイエットを続けられそうです。ということで、カロリー制限のダイエットをするにはチートデイを作るべきです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *