腹まわりの脂肪が減らない理由とは?ー部分やせ

以前部分やせは可能なのかという記事を書きましたが、ほぼ無理という結論でした。

部分痩せって可能なの?

つまり、

  1. どんなに集中的に特定のパーツ、腹とかお尻を鍛えても、全身の脂肪はほぼ均等に減る
  2. そのため、どうあがいても特定の部分だけをやせさせるのは無理
  3. おとなしく全身の脂肪を落としていきましょう

という感じです。 おそらく、心あるトレーナーであれば、みんなこういう指導をするのではないでしょうか。

が、ここで重要なのは、「全身の脂肪はほぼ均等に減る」の部分です。

確かに、特定の体脂肪だけ速く減ることはないのですが、いっぽうで他の部位よりも「減りにくい体脂肪」があるのも事実です。

たとえば、女性だったら太ももやお尻とか、男性だったら腹まわりとかです。

ダイエットをしていても、なぜかうまく体脂肪が減っていかない部分なら存在するわけです。いわゆる頑固な脂肪ってことですね。

頑固な脂肪が存在する2つの理由

その原因には様々ですが、スポーツ栄養学の権威であるライル・マクドナルド博士によると、以下がその理由です。

1.頑固な脂肪は血流が悪い

ガンコな脂肪は、だいたい他のエリアにくらべて血流が悪い傾向があります。

血のめぐりが良くないと、せっかく分解した脂肪酸を血管に送りこむことができず、エネルギーとして燃やせなくなるということです。

つまり、がんばってカロリー制限をしたとしても、分解された脂肪は、もっと血流がいいエリア、内臓脂肪とかから優先して使われていきます。

その結果、血流のめぐりが悪い太ももやお尻は、後回しにされるわけです。

2.頑固な脂肪はそもそも燃えにくい

まず前提として、人間の脂肪細胞には、アドレナリンというホルモンに反応するセンサーがついています。

このセンサーがアドレナリンに反応すると、脂肪が分解されて細胞の外に出されます。

アドレナリンに反応するセンサーは、おもにアルファ受容体とベータ受容体の2つがあって、

アルファ:脂肪が燃えるのを止める

ベータ:脂肪を燃やしてくれる

という働きをしています。

頑固な脂肪には、おもにアルファ受容体が一杯あり、逆にベータ受容体はまばらに散らばってるだけです。ということで、脂肪の減り方に差がつくのも当然ですね。

頑固な脂肪を燃やすには?

つまり、

  1. 特定の脂肪をスピーディに燃やす「部分やせ」は無理
  2. しかし、もともと燃えにくい「頑固な脂肪」を燃えやすくするのは可能!

ということです。

ある意味「部分やせ」に近いとも言えますが、ちょっと違う感じですね。

以上のことをまとめると、

  • 特定の筋肉だけを鍛えて、狙った部分の脂肪だけを減らすのはほぼ不可能です。いくら筋肉を鍛えても、そのそばにある脂肪にはほぼ影響が出ません。
  • 筋トレをすると熱が生まれて体脂肪は燃えやすくなりますが、その影響はごく小さなものでしかないので、筋トレで部分やせを行うのはほぼ無理です。
  • ただし、他よりも燃えにくい「頑固な脂肪」なら存在します。ガンコな脂肪は、おもに腹まわり、太もも、お尻などに多くあります。

となります。

では、頑固な脂肪を燃やすにはどうすればいいかといえば、上にあげた2つの原因を解決するのが良いです。

要するに、

  1. もっと血流をよくする
  2. アドレナリンを増やす

の2つが実現できればいいということになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *